不妊・妊活と水素吸入について

現代は平均初婚年齢が上がっているので、30歳を過ぎてからお子様を望んでいるご夫婦が増えており、結婚後一年過ぎてもなかなか赤ちゃんが授からず、悩んでいる方が大勢います。

なんと日本は体外受精件数がダントツで世界最多。

また採卵1回あたりの出産率は世界最低レベル。

日本の高度生殖医療は世界でもトップクラスです。

ではなぜこのようになかなか赤ちゃんができずに悩んでいる方がたくさんいるのでしょうか?

ここでは、不妊の原因や不妊治療に効果が期待できる水素についてご案内しています。

不妊の原因とは?

不妊の原因はさまざまですが、もともとの個人差(個体差)や体質が原因の場合や、

加齢による子宮や卵巣の機能が低下、卵子の質が低下、生理不順などの婦人科系疾患や甲状腺疾患などが挙げられます。

そのほかには性感染症もありますが、これについては産婦人科で適切な治療が必要です。

子宮や卵巣の機能低下や胎盤の老化や生理不順は、活性酸素の増加が大きく影響しています。

子宮や卵巣は35歳以降から急激に機能低下していきます。

卵巣内の卵子の元となる卵母細胞が35歳以上から急激な勢いで減少し卵子の数は10分の1まで減ります。

活性酸素は細胞を錆び付かせる原因になってしまい、生殖機能の低下の原因になってしまいます。

下のグラフを見てみて下さい。

不妊治療における年齢と出生率

40歳以上の出産の内訳

このグラフから分かるのは、

35歳を超えると不妊治療での出生率が急激に低下するということと、

逆に40歳以上では自然妊娠での出生率はなんと9割以上ということ。

確かに35歳までは不妊治療での妊娠率は上がりますが、40歳を超えると高度生殖医療でも妊娠は難しいと言えます。

ただしここで気を付けないといけないのは40歳以上の方全員が妊娠するというわけではありません。

40歳以上で妊娠した方の中の内訳ですので、やはり35歳以上になると妊娠率は下がってしまうのは事実です。

ですが、ではなぜ40歳以上の方が自然妊娠の割合が増えるのかを考えてみましょう。

おそらく40歳以上の方々はすでに不妊治療をやられている方も多いと思います。

そのなかで

自分自身でも体質改善や卵子や精子の質を改善していかなければ結果につながらないと気が付かれたのだと思います。

卵子の質は体全体や子宮や卵巣を温めたり、食事に気を付けたり、サプリメントを摂るようにしたり運動をしたり整体に通ったりと、不妊治療という受け身の妊活ではなく自ら行動を起こすことで妊娠しやすい体質へと変わっていったのかもしれません。

残念ながら昔のようにコウノトリはなかなか赤ちゃんを運んできてくれません・・・

今はママとパパが二人で赤ちゃんを迎えに行ってあげないといけないのかも知れません。

男性不妊について

不妊は女性側に問題があるケースが多いと思われていましたが、不妊の原因は男性側の問題が30%、男女ともに問題がある場合が30%と言われていますので、

不妊が女性だけの問題ではないことは男性側もしっかりと把握することが大切です。

男性の精子の量が少ない、運動率が悪い、奇形率が高いと、受精や分割(細胞分裂)が出来なくなってしまい、

そうした精子も質が悪いと妊娠させられる能力が極端に低くなってしまうのです。

またDNAの損傷は男性側にも起こりえますので、たばこやお酒や食生活や生活習慣など活性酸素が溜まりやすいのはもしかしたら男性側の方が女性よりも多いのかもしれません。

最近では「男性不妊」という言葉が少しずつ浸透してきましたが、それでもまだまだ女性側の問題と思っている方が多いです。

女性は閉経を迎えると自力で妊娠することは不可能ですが、男性は何歳でも妊娠させることが可能ではあります。それでも男性も年齢とともに活発な精子の数がどんどん減っていきます。

性交できるから妊娠させられるとは限らないということですので男性も年齢とともに細胞が老化し精子の質が悪くなってしまうということをちゃんと理解して対策をしてください。

女性は不妊治療を開始すると一通りの検査をしますが、男性側の検査と言ったらせいぜい「精液検査(精子検査)」くらいです。

女性側に特に問題が見つからないのに何度も体外受精・顕微授精を繰り返すことで精神的・肉体的・金銭的にも大きく負担がかかります。

そこまできてやっと精子の精密検査を行うクリニックがほとんどです。

そもそも精子の精密検査を実施していないクリニックさえあります。

なぜなら男性不妊専門の認定医は日本にごく僅かしかいませんし、男性不妊の専門は泌尿器科だからです。

精子のDNAの損傷率が20%を超えると、受精しても細胞分裂できずに結果として妊娠させる能力が無くなると言われています。

通常の精液検査ではこうした受精能力やDNA損傷率まではわかりません。

よって、通常の精液検査で基準値をクリアしていたとしても、もしかしたらDNAの損傷=細胞の損傷があるかもしれません。

今まで不妊は女性側の問題と思われてきましたが、見逃されててきた男性側の問題を改善することで妊娠により一層近づくことができるかもしれません。

精子の質を高めるのにはミトコンドリアを活性化させることが重要になってきます。

ミトコンドリアは細胞のエネルギーです。

ミトコンドリア機能が高ければ細胞のエネルギーも強くなります。

つまり精子のエネルギーを高めて妊娠させる能力を上げることができます。

ですがミトコンドリアを活性化させると、同時に活性酸素を出してしまうのです。

活性酸素の中の悪玉活性酸素は細胞を老化させる原因の一つです。

細胞のエネルギーを高めれば高めるほど活性酸素を多く出してしまいます。

精子の質を高めるにはミトコンドリアを活性化しないといけないのに、同時に細胞を老化させる活性酸素を出してしまうなんて、

じゃ一体どうすればいいの?と思われますよね。

そこで効果的に悪玉活性酸素と結びついて体外に排出してくれる「水素」が効果的と言えます。

適度な運動などでミトコンドリアを活性化させつつ、悪玉活性酸素だけを排出してくれる「水素」を摂り込むことで効果的に精子の質を高めることが期待できます。

なかなか赤ちゃんができずに悩んでいる方は、ぜひご主人にも水素吸入をやっていただくことをお勧めいたします。

不妊治療に水素が効果的な理由

不妊で悩んでいる人は、まず基礎体温をきちんと測定して排卵日を特定し、病院やクリニックに行かれたことが無い方は一度は検査を受けましょう。

生殖機能が低下したり、婦人科系疾患がある場合は治療を行いますが、特に体に異常が見られない場合も多いので、普段から妊娠しやすい体作りを始めることが大切です。

特に不妊の原因である活性酸素を抑制することは、非常に効果的と言われています。

「水素」は優れた抗酸化作用があり、活性酸素の発生を抑える働きがあります。

現代は精神的なストレスが原因で活性酸素が増加し、自律神経の働きが乱れて、生理不順に悩んでいる人が増えていますが、

水素を摂取することで、卵子や精子の質を向上させたり、子宮や卵巣などの生殖機能を向上させる効果が期待できます。

さらには、食事から摂取する老化を防ぐ抗酸化物質が十分に届かず臓器の中でも老化が早いと言われている卵巣には、宇宙一小さな分子で優れた拡散性のある水素が浸透し卵子や精子にまで作用することが期待できます。

水素自体には妊娠を促す効果はありませんが、

活性酸素を抑えて子宮や卵巣の機能低下や卵子や精子の劣化を遅らせる効果が期待できるということです。

現在では、水素吸入を取り入れている病院やクリニックも存在しています。水素には副作用がないのでたくさん摂取しても害はありません。

当院では地域で初めて医療現場でも使われている高濃度水素吸入器を導入いたしました。

不妊だけではなく美容や健康にも効果を発揮するので定期的に水素吸入することをお勧めいたします。

水素が不妊に効果的というのは論文発表されておりますのでこちらも併せてご覧ください。

不妊に対しての水素の効果 論文

いかがでしたでしょうか?

分かりにくかったところはLINEやご来院の際にお気軽にご質問ください。

不妊や妊活は「先の見えないトンネルを歩いているようなもの」と言われたりもしますが、そんな中でも

10年後の未来をイメージすること

根拠のない自信を持つこと

しっかりとゴールに向かっていけるように当院も全力でサポートさせていただきますのでよろしくお願いいたします。